超効果的にたるみを取る美容整形方法10選【料金・部位別・メリットデメリット】

 

最近、顔のたるみやほうれい線が気になる・・・。

今すぐに解消できる美容整形ってないのかな?

実はたるみを取る美容整形には様々な方法があります。

本記事では、超効果的にたるみを取る美容整形方法10選

をご紹介します!

 

それぞれ料金や効果的な部位・メリット/デメリットがありますので、あなたにあったたるみケアの方法を試してみましょう!

 

 

 

 

たるみをなくすために顔全体に言えること

顔のたるみの原因は?なぜたるむのか?

せっかくお金をかけて美容整形でたるみを取っても、たるみを繰り返してしまってはもったいないです。まずは顔のたるみや対策方法を理解しましょう。

 

顔のたるみの3つ原因と対策方法をご紹介します。

 

■肌の老化・弾力の低下

肌は「コラーゲン」「エラスチン」によってハリを支えています。紫外線による肌ダメージや、睡眠不足などの生活習慣の乱れで「コラーゲン」や「エラスチン」が減少してまうと、弾力が低下してしまい肌がたるんでしまいます。

【対策方法】

  • 紫外線ケアをする(日焼け止めを塗るなど)
  • 生活習慣を見直す(睡眠や食事・タバコ・お酒など)
  • 「ハイフ(HIFE)」の美容整形を試してみる。

■重力の影響

代謝機能が低下し、皮下脂肪が厚くなると重力の影響で肌がたるんでしまいます。

【対策方法】

  • 代謝機能を上げる(運動をするなど)
  • むくみやリンパケアを日常のケアに取り入れる。
  • BNLS注射・輪郭注射」や「サーマクール」の美容整形を試してみる。

■筋力の低下・表情筋の収縮

長時間パソコンの画面を見ていたり、スマホを操作していると、無意識のうちに無表情のままになりがちで、顔の筋力が低下していきます。

筋力が低下すると、皮膚や皮下脂肪の重さに耐えられなくなる影響でたるんでしまいます。

【対策方法】

  • 表情筋を鍛える動作を日常生活に取り入れる。
  • 顔の皮膚につながっている頭皮もほぐす。
  • ウルセラ」「ウルトラVリフト」の美容整形を試してみる。

 

また、「輪郭の骨切り」など骨を小さくする整形手術をした場合には、皮膚が余ってしまい将来たるみやすくなります。

しっかりと、たるみを取りリフトアップのケアをすることが大切です。

 

注入によるたるみケア・リフトアップ

① ヒアルロン酸注入

「ヒアルロン酸注入」とは、ジェル状の製剤を注入し体内にあるヒアルロン酸と融合させ、皮膚をふっくらさせることです。

ヒアルロン酸注入について、表にまとめました。

 

ヒアルロン酸注入
料金 0.1cc / 約8,000円〜
効果 ★★★★☆(効果は約1年)
効果的な部位 頬のほうれい線・額(おでこ)
痛み・ダウンタイム 麻酔を使用するため、痛みはほとんどなし。
ダウンタイムもほとんどなし。(注入後2日〜3日は、軽い腫れやむくみを感じることがある)
メリット 切らずにリフトアップすることができ、ダウンタイムもほとんどない。即効性がある。
デメリット 効果が一定期間のみ。(種類によるが約1年間で体内に吸収される)

 

ヒアルロン酸は特にほうれい線などのシワに効果的ですが、皮膚をふっくらすることで、若々しくリフトアップもすることができます。

 

ヒアルロン酸の大きなメリットは3つです。

  • 即効性がある
  • 切らずにリフトアップができ比較的気軽である
  • ダウンタイムがない

画像:湘南美容外科

 

しかしながら、効果は一定期間(約1年程)のため維持をするためには定期的に注入する必要があります。

 

料金は注入する量や種類によって異なります。

参考として「リフトアップのための注入ポイントと注入量の目安」(引用元:湘南美容外科)をご紹介します。

画像:湘南美容外科

 

② PRP血小板療法

「PRP血小板療法」とは、自分の血液から高濃度の血小板血漿(多血小板血漿=PRP)を抽出して、しわやたるみに注入する最新の皮膚再生医療です。

PRP血小板療法について、表にまとめました。

PRP血小板療法
料金 約20万円
効果 ★★★☆☆
効果的な部位 顔全体・頬のほうれい線・目元のたるみ
痛み・ダウンタイム ・麻酔を使用するため、痛みはほとんどなし。
・ダウンタイムもほとんどなし。(注入後2日〜3日は、軽い腫れやむくみを感じることがある)
メリット

・切らずにリフトアップすることができ、ダウンタイムもほとんどない。

・自分の血液を使うため安全性が高い

・効果の持続期間が約3年間と長い

デメリット 効果を感じるのに時間がかかる。即効性がない。(約1~2週間程で徐々に効果を感じ始める)

 

PRP血小板療法は、美容目的だけではなく医療目的としても用いられる安全な療法です。

PRPにはさまざまな成長因子が入っており、注入することでコラーゲンやヒアルロン酸を増産され、しわの改善やリフトアップ効果をもたらしてくれます。

画像:ナチュラルハーモニークリニック

 

分かりやすく解説している動画がありましたのでご紹介いたします。

ヒアルロン酸の注入に比べ、持続性が3年程と長期間であるのも大きな魅力です。

細胞レベルで皮膚を活性化させますので、肌の若返り効果が高いです。

 

③ BNLS注射・輪郭注射

「BNLS注射」とは顔の脂肪に作用する脂肪溶解注射のことです。

BNLS注射について、表にまとめました。

BNLS注射
料金 1cc 4,000円程〜(両頬で20cc〜)
効果 ★★★☆☆(効果の個人差が大きい)
効果的な部位 頬・あご下
痛み・ダウンタイム ・麻酔を使用するため、痛みはほとんどなし。
・注入後は腫れるが、翌日朝にはほとんど腫れは引いている。
メリット

・植物から抽出した天然由来成分のため安全性が高い。

・比較的手軽な料金で試すことができる。

デメリット

・効果の個人差が大きい。

・効果を出すためには、継続して通院をする必要がある。

 

BNLS注射の大きな特徴は以下の5つです。

  • 植物から抽出した天然由来成分で脂肪分解をする
  • 体への負担が非常に少ない
  • リンパ循環促進・脂肪の分解促進・お肌の引き締めの3つの相互作用効果がある。
  • 注入直後は腫れるが翌日はほとんどの腫れが引く(ダウンタイムが短い)
  • 最短で翌日に効果を実感できる人もいる。

 

 

注射24時間後に脂肪細胞が約30%減少し、高い効果が期待できると言われています。

画像:城本クリニック

 

最近は「BNLS neo」「輪郭注射」などと様々な種類の脂肪溶解注射が出ています。

1回のみの注射でも効果がわかる人もいますが、継続するとより効果的です。

ただしBNLS注射の効果は個人差が大きくあるようなので、様子を見ながら続けるのが良いかと思います。

 

レーザーや高周波によるたるみケア・リフトアップ

④ ハイフ(HIFU)・ダブロ

「ハイフ(HIFU)」とは、超音波によって肌の奥にある筋膜などに焦点をあて、肌を活性化させる方法のことです。コラーゲンを生成させることで、肌にハリができシワやたるみの改善に繋がる今注目を浴びているリフトアップ方法です。

 

ハイフ(HIFE)について、表にまとめました。

ハイフ(HIFE)・ダブロ
料金 約2万円〜20万円
効果 ★★★☆☆
効果的な部位 フェイスライン・顔全体・頬全体・ほうれい線・目元のたるみ・首
痛み・ダウンタイム ・ピリピリと電気が走る感触がする。
・ダウンタイムはなし。(筋肉痛のような痛みがある場合もある)
メリット

・切らずにリフトアップすることができ、ダウンタイムもほとんどない。

・注射も使用しないため、針が苦手な人にもオススメ。

デメリット

・効果を感じるのに時間がかかる。(約1~2週間程で徐々に効果を感じ始める)

 

ハイフ(HIFU)には様々な機械がありますが、顔のたるみケアやリフトアップに人気なのが「ダブロ」という機械です。

画像:ノエル銀座クリニック

 

「ダブロ」は他のハイフ(HIFU)の機械に比べて、パワーを細かく設定できるため美容マシンとして、とても人気です。

 

私自身も、「ダブロ」のリフトアップを受けたことがありますが、ピリピリと電気が走るような感触がありましたが、そのあとの腫れやむくみは全くないため気軽にリフトアップをすることができました。

その場でも効果を感じますが、翌日以降から徐々にリフトアップ効果が出てきます。

最も効果を感じるのは1ヶ月後であり、半年後くらいに徐々に効果が薄れていきます。

 

⑤ ウルセラ

「ウルセラ」とは、皮膚の一番深い層(SAMS層)から強力にたるみを引き上げることができる最新マシンです。

 

ウルセラについて、表にまとめました。

ウルセラ
料金 全顔・約20万円〜
効果 ★★★★☆
効果的な部位 フェイスライン・顔全体・頬全体・ほうれい線・目元のたるみ・首
痛み・ダウンタイム ・ダブロより痛みが伴う。
・ダウンタイムはなし。(筋肉痛のような痛みがある場合もある)
メリット

・切らずにリフトアップすることができ、ダウンタイムもほとんどない。

・注射も使用しないため、針が苦手な人にもオススメ。

・効果の持続性が1年半程とダブロよりも長い。

デメリット

・効果を感じるのに時間がかかる。(約1ヶ月〜3ヶ月程で効果を感じる)

・ダブロより値段が高い。

 

ウルセラのイメージを映像で分かりやすく説明している動画がありましたので、ご紹介します。

 

ダブロに似ている「ウルセラ」もハイフ(HIFE)の高密度焦点式超音波を用いた機械の一つです。

 

ダブロとウルセラの違いをまとめました。

ダブロ ウルセラ

・韓国製

・ウルセラの改良版として2013年に登場

・痛みが少なく、広範囲に作用する

・施術は看護師でも可能

・ウルセラに比べて安い

・アメリカ製(世界で唯一FDA認可を取得)

・初代ハイフ(HIFU)マシンとして2009年に登場

・引き締めるというよりも引き上げる

・リフトアップの持続性が高い

・施術は医師免許が必要

・ダブロに比べて高い

 

「ダブロ」は痛みが弱い人で、手軽に試したい人にオススメです。

「ウルセラ」は多少痛みが伴っても、確実で長期的なリフトアップをしたい人にオススメです。

 

どちらも部位や皮下脂肪の状態などにより向き不向きがありますので、クリニックのカウセリングで相談してみると良いでしょう。

 

⑥ サーマクール

「サーマクール」とは、高周波を使ったシワ・たるみの治療方法のことです。

高周波(ラジオ波)を皮膚深部に伝えることにより、 お肌の張りとつやを取り戻し、若返り効果に期待ができます。

サーマクールについて、表にまとめました。

サーマクール
料金 約10万円
効果 ★★★☆☆
効果的な部位 フェイスライン・顔全体・頬全体・ほうれい線・目の周り・ボディライン
痛み・ダウンタイム ・痛みはほとんどなし。
・ダウンタイムはなし。
メリット

・切らずにリフトアップすることができ、ダウンタイムもほとんどない。

・注射も使用しないため、針が苦手な人にもオススメ。

・身体にも照射できる

デメリット

・効果を感じるのに時間がかかる。(約1ヶ月〜2ヶ月程で効果を感じる)

 

照射深度は「皮下脂肪層」までとハイフ(HIFU)より浅いですが、ハイフ(HIFU)よりも広い範囲に効果的で、中間層のたるみを引き締めることができます。

画像:プライベートクリニック吉祥寺

 

施術が似ている「ウルセラ」と同様、持続性は約1年です。

サーマクールとウルセラの違いを表でまとめました。

サーマクール ウルセラ

・高周波(ラジオ波)によるリフトアップ

・痛みはほとんどない

・ダウンタイムもほとんどない

・脂肪層(皮下脂肪)にアプローチすることで引き締めることができる

・広い範囲に効果的

・身体にも照射できる

・ウルセラより値段が安い

・高密度焦点式超音波によるリフトアップ

・ピリピリとした痛みがある

・筋肉痛のような痛みが出ることがある

・皮膚の一番深い層(SAMS層)から引き上げられる

・サーマクールより値段が高い

 

部位やたるみの状態によって、向き不向きがありますのでクリニックのカウセリングで相談してみると良いでしょう。

糸によるたるみケア・リフトアップ

⑦ ウルトラVリフト

「ウルトラVリフト」とは糸を使ったリフトアップの中でも「美容鍼灸(美容針)の原理を応用している」のが特徴です。

画像:五本木クリニック

 

ウルトラVリフトについて、表にまとめました。

ウルトラVリフト
料金 1本2,000円〜3,000円(1部位に使用する本数は15~30本)
効果 ★★★☆☆(効果は約1年〜1年半)
効果的な部位 フェイスライン・顔全体・頬全体・ほうれい線・額
痛み・ダウンタイム ・麻酔を使うため痛みはほとんどなし。
・ダウンタイムもほとんどなし。
メリット

・切らずにリフトアップすることができ、ダウンタイムもほとんどない。

・即効性がある。

・糸リフトの中で最も施術時間が短く・料金も比較的安い。

デメリット

・引き上げる力はそこまで強くない。

 

顔の中にある美容に効果的なツボに針を刺し、刺激を与えると同時に溶ける糸を使って皮膚を引き上げます。

 

使用される糸は、約半年程で体内に吸収されます。持続効果は約1年〜1年半程です。

 

施術後すぐにメイクができ、外出もできることから「ショッピングリフト(ショッピング感覚で受けられるフェイスリフト)」とも呼ばれています。

 

また糸を埋め込むことで、肌の中の様々な細胞が刺激され肌質も改善されると言われています。

⑧ スプリングリフト

「スプリングリフト」とは、伸び縮みする糸を使用したリフトアップです。

スプリングリフトについて、表にまとめました。

スプリングリフト
料金 1本 約5万円
効果 ★★★★☆(効果は約4〜5年)
効果的な部位 フェイスライン・顔全体・頬全体・ほうれい線・額
痛み・ダウンタイム ・麻酔を使うため痛みはほとんどなし。
・ダウンタイムもほとんどなし。
メリット

・コグでしっかりと引き上げるためリフトアップ効果が得やすい

・即効性がある。

・美肌効果も得られる。

デメリット

・数日、腫れやむくみがある。

・医師のセンスが重要。

スプリングリフトの糸は、溶けない糸のため4〜5年程の長期間で効果が持続します。

溶けない糸ではありますが、欧州CEマーク取得済で有害作用、拒絶反応の報告がありません。

 

弾力性・伸縮性に優れており、筋肉に合わせて伸び縮みしますので、筋肉を引っ張ることなく自然な表情をつくることができるのが特徴です。

 

また、4方向に丸みを帯びたコグがついているので、しっかりと皮膚に食い込むことができ、強力にたるみを引き上げることができます。

画像:共立美容外科

画像:聖心美容クリニック

⑨ 金の糸リフト

糸のリフトアップで浮かぶのが「金の糸リフト」ではないでしょうか。

金の糸リフトについて、表にまとめました。

金の糸リフト
料金 両頬・約30万円〜
効果 ★★★★☆(効果は10〜15年)
効果的な部位 頬・目尻・額・あご下・首・ボディライン
痛み・ダウンタイム

・1週間〜2週間腫れやむくみがある。当日は洗顔や入浴ができない。1ヶ月間は激しい運動やサウナなど汗がでる行為を避ける必要がある。

・数ヶ月間、違和感、ツッパリ感、痛みなどが出ることがある。

メリット

・一度入れたら10~15年の長期的な効果を得られる。

・美肌効果も得られる。

デメリット

・金属アレルギー反応や異物反応がでることもあり、比較的リスクが高い。

・レーザー治療が受けられなくなる。

 

金の糸を使った美容法は、古代エジプトのミイラの体内から金の糸が見つかったことがきっかけで、1969年フランスで始まったと言われています。

 

24金の糸を皮膚の下に入れることで、自らのコラーゲンを作る力を取り戻し、肌そのものを若返らせるという方法です。

 

「金の糸」の大きな特徴は、金の糸を一度入れたら10~15年と長期間で効果が持続します。

「金の糸」を入れることで、皮膚細胞が活性化し肌そのものが若返るため、たるみケアやリフトアップだけではなく美肌効果にも期待ができます。

 

画像:ティアラクリニック熊谷院

 

ただし、金の糸による金属アレルギー反応や異物反応による副作用がでる方もいますので、リスクが高い施術になるでしょう。

また、金の糸を入れた後はレーザーなどの治療が受けられなくなるので注意が必要です。

切開によるたるみケア・リフトアップ

⑩ 切開リフト(フェイスリフト)

半永久的にリフトアップをする手段としては「切開リフト(フェイスリフト)」が挙げられます。

切開リフト(フェイスリフト)について、表にまとめました。

切開リフト
料金 70万円〜
料金 ★★★★★(効果は半永久的)
効果的な部位 フェイスライン・顔全体・首・額・目の周り
痛み・ダウンタイム

・手術は全身麻酔を使用する。

・手術後、数週間はガードル・ギブスをつける必要がある。

・1~2週間ほど腫れや内出血が出ることがある。

メリット

・一度でたるみが取れ、半永久的にリフトアップ効果を得られる。

デメリット

・縫合した傷跡が残る場合もある。

・ダウンタイムが長い。通院する必要がある。

・一度に印象が変わるため、周りからバレやすい。

 

「切開リフト」はこめかみから、耳介付け根(前方)のラインに沿って切開し、皮膚を後方に引っ張りることでたるみを伸ばしリフトアップする方法です。

画像:マックスファクス銀座クリニック

 

全身麻酔・メスを使用するために大掛かりな手術となります。

一度行えば「10歳は若返る」と言われますが、リフトアップの最終手段と言っても良いでしょう。

 

縫合してからも、数ヶ月は腫れやむくみがありますのでダウンタイムは長く見ておく必要があります。

完成してからは、半永久的にリフトアップ効果を得られます。

 

「切開リフト」は目の周り(ブローリフト)や額のたるみ(フォアヘッドリフト)など部位的に引き上げる切開方法や、ミニ切開など様々な方法があります。

画像:ID美容外科(ブローリフト)

一度で半永久的な効果が得られますが、失敗した場合には戻すことが難しいので慎重に行うことが大切です。

たるみを取る美容整形方法・まとめ

たるみを取る美容整形には様々な方法がありますが、「注入でのリフトアップ」「糸でもリフトアップ」「切開でのリフトアップ」と大きく3つの方法に分けられます。

それぞれ効果の違いや、メリット・デメリットがありますので自分にあった方法を見つけるのが良いでしょう。

しかし、美容整形にはリスクが伴います。十分に検討をしてから行いましょう。

 

美容整形ネットでは「美容整形で絶対に失敗しないために抑えておきたい10のチェックポイント」もご紹介しています。こちらの記事も是非ご参考ください。

美容整形で絶対に失敗しないために抑えておきたい10のチェックポイント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です