【おでこ・フルフェイス脂肪移植】手術やダウンタイム・かかった費用まで全記録【経過画像あり】

「おでこが丸いと女性らしい印象を与える」の一文を見つけたときに「やりたい!」と思ってしまった「脂肪移植」

 

自分のおでこを見ると狭いし、ぺたんこで少し険しい印象がある・・

だけど、

輪郭を変えたら、自分の印象がガラリと変わってしまうのではないか?!

おでこを丸しすぎて宇宙人みたいになってしまうのはないか?!

 

いろんな不安があった中で勇気を出して脂肪移植をしてみた体験をまとめました!

 

本記事では、以下のことをまとめています。

・なぜおでこを丸くするのに「脂肪移植」を選んだのか?
・おでこだけではなく「フルフェイス」にした理由
・「脂肪移植」のダウンタイムについて
・「脂肪移植」にかかった費用
・「脂肪移植」のビフォアフター
・「脂肪移植」をしたメリット・デメリット

これから脂肪移植を検討している方に少しでも参考になれたら幸いです。

 

記事を読む前の注意!

※整形手術には「リスク」が伴います。整形手術をする場合は、リスクについて十分ご検討ください。

 

※経過には個人差が大きくあります。あくまで参考までにご覧ください。

 

※随時質問も受け付けております。お問い合わせTwitterからお気軽にどうぞ!

【はじめに】「脂肪移植」とは?どんな効果がある?危険性は?

「脂肪移植」とは自分の脂肪を抽出して、その脂肪を部位に注入する施術のことです。

今回わたしのおでこ・フルフェイス脂肪移植の場合は、太ももから脂肪を抽出して、その脂肪をおでこやほうれい線、あごに入れました。

脂肪移植をすることで、注入した箇所がふっくらと形作ることができます。

「ヒアルロン酸注入の脂肪版」と思っていただければ、イメージしやすいかと思います。

 

また、自分の脂肪を使用するため、危険性は低いです。

ただし、感染リスクが全くないというわけではないので、衛生面がしっかりしているクリニックを選ぶことがとても大切です。

 

ちなみに脂肪吸引のように脂肪を取ったところが、痩せるのでは?と思われることもありますが、そこまでの量を抽出するわけではなく、また脂肪はまたつくので、抽出した箇所が痩せることはありません。

 

POINT!

日本の場合は脂肪移植を1回ごとで行いますが、韓国の場合には大体2回(2次)分で脂肪移植をすることが多いです。

 

脂肪の吸収は個人差があるので、1回目の様子で2回目を注入するクリニックが多いです。

 

おでこが丸いと女性らしい印象を与えるは本当?

 

おでこの形によって大きく印象が変わります。わかりやすい画像をご紹介します。

画像:Dr.ヒロヒの顔面骨形成術

 

可愛らしい顔や童顔の人は、おでこが丸い印象です。

 

 

実際に私も脂肪移植をする前は、おでこがペタンコで狭く、少し険しい表情の印象でした。

おでこが丸くなったことで、おでこが若干広く見えるようになり表情がやわらかくなったと思います。また周りからは「若返った」と言われました。

 

「脂肪移植」vs 「ヒアルロン酸注入」どっちがいいの?

 

おでこを丸くする方法には3つ挙げられます。

  • 【おでこを丸くする3つの方法】
  • ヒアルロン酸注入
  • 脂肪移植
  • シリコンプロテーゼ挿入

 

この3つの方法から、「脂肪移植」を選んだ理由は「最もリスクが低い」と考えたからです。

簡単にそれぞれのメリット・デメリットをまとめました。

施術方法 メリット デメリット
ヒアルロン酸注入 手軽にできる。

気に入らなかった場合には、溶解注射で溶かすことができる。

異物を注入するので感染リスクがある。効果の持続性は半年程度。
脂肪移植 自分の脂肪を使うので感染リスクが低く比較的安心。

定着すれば、長期間で効果を得れる。

体質や脂肪の注入方法によっては、ボコボコになる可能性もある。

取れる脂肪の量や、減り具合など個人差が大きい。

シリコンプロテーゼ挿入 一度やれば半永久的な効果を得れる 額を切開するため大掛かりな手術。
異物を挿入するので、リスクが伴う。

 

シリコンプロテーゼ挿入は、大きなリスクを伴うので候補から外していましたが、

「ヒアルロン酸注入」と「脂肪移植」、どちらにするかはかなり悩みました。

 

脂肪移植にした決め手は以下です。

  • 韓国・中国では「脂肪移植」が一般的だから(実際に韓国の美容整形クリニックでは、脂肪移植をしている人が多くいました)
  • 脂肪移植をすると肌が綺麗になるPRPもついてくるから。(クリニックによって異なります)
  • ヒアルロン酸より脂肪移植の方が、長期間維持されるから。(定着すれば半永久?)

 

ただし、予算や体質・求める効果によって個人差がありますので、あくまで参考までに見ていたければと思います。

 

おでこだけではなく「フルフェイス」にした理由

 

当初はおでこのみの脂肪移植で考えていましたが、カウンセリングしたところ脂肪移植はヒアルロン酸注入と同様にほうれい線や目の下・あごにも入れることができることを知りました。

 

また、カウンセリングで私はほうれい線や目の下に入れて疲れ顔を解消させ、あごを細くすることをオススメされましたので、フルフェイスで脂肪移植をすることに決めました。

 

おでこ・フルフェイス脂肪移植にかかった費用

 

わたしは韓国でおでこ・フルフェイスの脂肪移植をしました。

韓国のおでこ・フルフェイス脂肪移植にかかった費用の内訳は以下です。

 

手術代 ・・・・・・・・・約25万円(2次・PRP・ボトックスも含まれる)

薬代・・・・・・・・・・約5,000円

*税金還付・・・・・・・・-約2万円

トータル・・・・・・・・約23万5,000円

 

*税金還付については以下の記事をご覧ください。

 

日本で脂肪移植をすると、おでこだけでも30〜60万円するのでかなりお得でした。

また私が施術をしたクリニックでは、PRP(皮膚再生)も含まれており美肌効果も得ることができました。

さらに、私の場合にはおでこの筋肉が発達しているためボトックスを注入した方が、脂肪の定着率が上がるとのことでボトックスも含めていただけました。

 

韓国ではもっと安価なクリニックがありますが、十分にお得で料金面でも満足でした。

 

おでこ・フルフェイス脂肪移植の手術の流れについて

 

おでこ・フルフェイス脂肪移植の手術の流れは以下のようになります。

1. カウセリングでデザインを決める。(この時に自分の希望を伝える)
2. 睡眠麻酔をかける
3. 手術
4. 麻酔から目覚めて60分は起きている
5. 60分経ったら薬を処方してもらう
6. 術後、1週間後に抜糸をする
7. 2次がある場合には、2〜3ヶ月後に2次注入をする。
カウセリングでは、注入する箇所をチェックしますが、この時注入しすぎて欲しくない箇所もキチンと伝え注入バランスもチェックしましょう。
(注入量は人によって採れる脂肪の量が異なるため、表現が難しいかもです)
また、麻酔から目覚めてからは60分間起きている必要があります。
寝てしまわないように、スマホを利用したりすると良いです。
不安な方は通訳さんに側にいてもらい話し相手になってもらうと良いでしょう。
手術から1週間後に抜糸をします。
韓国で整形手術した場合でも、日本で抜糸が可能なクリニックがあります。以下の記事をご覧ください。
https://biyoseikei.net/basshi/

 

また、脂肪移植は入院の必要がありません。

韓国で手術した場合にも、翌日には帰国できます。(ただしかなり腫れる場合もあるので、空港や機内にいるのが恥ずかしいかも・・)

おでこ・フルフェイス脂肪移植のダウンタイムについて

 

おでこ・フルフェイスの脂肪移植のダウンタイムは約10日〜2週間をみるのが良いかと思います。

ダウンタイムの記録は別記事にまとめていますので、ぜひご参考ください。

 

ちなみに、今回2回の脂肪移植をして、

腫れが落ち着き、脂肪が馴染んできたな〜と感じるのは「約1ヶ月」くらいだと思いました。

おでこ・フルフェイス脂肪移植のビフォー&アフター

 

気になるおでこ・フルフェイス脂肪移植のビフォー&アフターです!

▼Before(術前)

▼After(術後)

おでこが丸くなりました〜!!

ちなみにAfter(術後)の写真は1次脂肪移植をしてから3ヶ月経過した時の写真です。

比較がわかりやすいように2枚を並べてみました。

 

おでこが丸くなった以外にも変化が見られたので、以下にまとめてみました。

おでこ・フルフェイス脂肪移植をして感じた変化
・おでこが丸くなった!
・ほうれい線が薄くなった。
・輪郭が変わった。
・PRPの効果なのか肌質も変わった。

おでこ・フルフェイス脂肪移植で辛かったこと

 

おでこ・フルフェイス脂肪移植で辛かったのは、ダウンタイムが終わるまで「おでこが重く感じたこと」です。

脂肪が落ち着くまでは、若干頭痛がありました。

わたしの場合は、眉上にボトックスも注入したので余計に重く感じて、数日は起床時に目を開くのも少し大変でした・・。

 

おでこ・フルフェイス脂肪移植のときにオススメの持ち物

 

おでこ・フルフェイス脂肪移植をして、「これがあったら良かった」「これを持っていて良かった」と思うアイテムをご紹介します。

 

■ ネックピロー

むくみを1日でも解消させるために、寝るときは枕を高くして寝るのがオススメです。 また、仰向けで寝る必要があるので、ネックピローがあると首が楽に高さをつけることができます。

 

■シャワーキャップ

術後、しばらくは顔を濡らすのがNGです。 なので、髪の毛を洗うときにも十分に注意する必要があります。 このシャンプーハットがあると、顔に水がかからず髪が洗いやすくなるのでオススメです。

 

■スプレー・ミスト式化粧水

 

脂肪移植後は、化粧水を塗るだけでも痛みがありますので、スプレーやミスト式の化粧水があるととても便利です。

 

 

わたしが使用していたCHANELのミスト化粧水はコスメデネットで買うと13%OFFで購入することができます。

 

コスメデネット

海外コスメ・韓国コスメが最大70%オフ。送料無料

 

他にも韓国で美容整形を受けるときの持ち物リストを以下の記事で紹介していますので、ご参考ください。

 

 

【まとめ】脂肪移植をして良かったこと・悪かったこと

 

おでこ・フルフェイスの脂肪移植をして良かったこと・悪かったことをまとめました。

 

■ 良かったこと

  • おでこが丸くなったことで童顔になった。女性らしさが出るようになった。
  • 若返ったと言われるようになった。
  • 肌質が変わり、毛穴が目立たなくなった(PRPの効果かもしれません)

 

■ 悪かったこと

  • ボトックスの効果もあり、眉・目が下がった。
  • ダウンタイムが地味に辛い。脂肪が徐々に馴染んでいくので、完成までに時間の経過を待つしかないし、どのタイミングが完成形なのか結果が読みづらい。(今回初めて整形で病みましたw)
  • 服を脱衣するときにおでこを気を遣うようになった。
  • 顎に入れすぎて、顎が長くなったように感じた。(バランスが大事なことを痛感)

 

 

おでこ・フルフェイス脂肪移植をして、しばらくは病みましたが(完成形が読めない・まぶたが重くなってしまったため)馴染んできたことには、すっかり印象や雰囲気が良くなって、やって良かった!と思えました。

 

定着されない脂肪はこれから吸収されるので、またレポートしたいと思います。

質問等ありましたら、お問い合わせTwitterからお気軽にどうぞ!

 

今回の美容整形をしたクリニックは「ウォンジン整形外科」

 

今回、脂肪移植の美容整形をしたクリニックは、韓国にある「ウォンジン整形外科」です。

ウォンジン整形外科は、韓国でも知名度が高く多くのタレントや有名人も足を運んでいます。

日本語通訳もいますので、英語・韓国語が話せなくても大丈夫です。

 

■公式サイト: http://wonjinbeauty.com/

■アメブロ: https://ameblo.jp/wonjinbeauty/

予約はLINEからすることができます。(LINE ID: w.japan)※日本語でOKです。

 

わたし自身、何度もウォンジン整形外科にお世話になっていますが、丁寧にカウセリングをしてくれアフターフォローまでしっかり親身に相談に乗ってくれますので、安心して利用することができます。

 

■わたしがウォンジン整形外科で行った美容整形一覧

・鼻フル整形

【韓国鼻フル整形】手術やダウンタイム・かかった費用まで全記録【経過画像あり】

・皮膚管理(ニキビ治療)

【美肌大国】韓国で教えてもらったニキビを改善させてツルツル肌にする裏技

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

美容整形オタクによる美容整形を考えている・美容整形をしたいのためのメディア。 日本・韓国・タイで美容整形しています。 二重埋没/セラミック/糸リフト/脂肪移植/輪郭骨切り/セットバック etc... 課金総額は500万円以上。 美容整形のみならず美しくなるための情報を配信しています。