【二重埋没 vs 二重切開】どっちがいい?メリットデメリットをそれぞれまとめました!

まぶたを二重にしたいけれど、二重埋没法・二重切開法どっちがいいのかな・・?

二重にするには、基本的に二重埋没法・二重切開法の2種類の方法がありますが、それぞれメリット・デメリットがあります。

本記事では、それぞれの特徴についてまとめました。

 

⚠️整形にはリスクが伴います。最終的な判断は、医師との相談で決めましょう。

【必読】美容整形をする上で覚悟すること6つ!整形をする前に必ず読むべし!

10月 21, 2019

 

二重埋没法って?どんな美容整形?費用・痛みやダウンタイムは?

埋没法とは、まぶたを糸で止めることにより皮膚を切ることなく理想の二重を作り出す方法です。 手術も10分から15分程度でおこなえ、術後の抜糸も必要ありません。 まぶたにメスを入れるのに抵抗がある方に人気の手術となります。

引用元:https://venusbeautyclinic.com/menu/1264

埋没法は糸でまぶたを止めるため、糸で何箇所止めるかで費用や仕上がりが異なります。

一般的に2〜3箇所に止めるケースが多いですが、箇所の数が多い方が長持ちしやすいと言われています。

 

私は、元々奥二重でまぶたが厚かったため、湘南美容外科で2点留めにしました。

 

また、どんな二重にしたいかによって、止める箇所や数は変わります。

引用元:https://miyamasu-clinic.com/treatment/eyes/maibotsu/

 

何点止めたほうがいいのかは、医師とよく相談しましょう。

埋没法は糸をつかった施術のため、糸が取れることがあります。糸が取れたら、まぶたは元に戻ります。

 

糸が取れるまでには平均的に5年程度と言われています。

 

埋没法はメスをいれないため、切開法に比べダウンタイムが短いのも特徴的です。

 

また、埋没法はメスを入れないため傷が目立ちにくく糸を取ることも可能です。(ただし、取るのにも手術が必要です)

痛み ★★☆☆☆(個人差あり)
麻酔の種類 点眼麻酔・笑気麻酔・局所麻酔・静脈麻酔(病院や体質によって異なります)
費用 約3万円〜33万円
ダウンタイム 数日〜約2週間(個人差あり)

 

二重切開法って?費用・どんな美容整形?痛みやダウンタイムは?

二重まぶた切開法とは、希望の二重のラインに沿って皮膚を切開し、必要に応じて脂肪や筋肉などを調整して、半永久的な二重を作る治療です。 くっきりと安定した二重をつくるだけでなく、その他のお悩みも同時に解決することが可能です。

引用元:https://jiyugaokaclinic.com/medical/futae-sekkai/

画像:https://www.ibaraki-biyo.com/menu/eye/zensekkai/

二重切開法では、埋没法と異なりメスを使って手術するのが大きな特徴です。そのため、傷が修復しきれいな二重になるためにダウンタイムが長くあります。

 

実際に、わたしの場合は外出できるまでに約2週間かかりました。

前編 | 二重切開&目つき矯正の手術やダウンタイム・かかった費用まで全公開【韓国整形】

4月 11, 2022

 

二重切開は埋没法と異なり、皮膚を切開し縫合するため作った二重ラインは半永久的です。

ただし、せっかく切開しても戻る人もいるので100%永久的ではないことを頭にいれておきましょう。

 

また、メスを入れて切開をするため、二重ラインをつくりながら同時にまぶたの脂肪除去や眼瞼下垂の手術を合わせることもできます。

 

ただしメスを入れる分、埋没法よりリスクは高く、簡単に元に戻すことができないため、切開法を選ぶときは慎重に判断しましょう。

痛み ★★★★☆(個人差あり)
麻酔の種類 局所麻酔・静脈麻酔(病院や体質によって異なります)
費用 約10万円〜40万円
ダウンタイム 約10日〜約3週間(個人差あり)

 

 【二重埋没 vs 二重切開】それぞれのメリット・デメリット

 

ここまで解説したことを踏まえて、二重埋没・二重切開のそれぞれのメリット・デメリットをまとめました
  二重埋没法 二重切開法
メリット ・費用が切開法に比べて安い(数万円〜)
ダウンタイムが短い
・切開をするため、一度つくった二重ラインは半永久的
・まぶたの脂肪除去や、眼瞼下垂の同時手術ができる
デメリット ・糸で止めるため、取れた場合はまぶたが元に戻る。(永久的ではない
・何度も埋没法を繰り返すと、まぶたや目元に負担がかかる。
・費用が埋没法に比べて高い
・ダウンタイムが長い
・メスを入れるため、埋没法に比べてリスクが高い

 

まとめ・二重埋没 vs 二重切開どっちがいい?

まぶたを二重にする二重埋没・二重切開、どちらもそれぞれメリット・デメリットがあります。

また、まぶたの状態やなりたい目によってどちらが向いているか異なりますので、医師に相談し慎重に判断しましょう。

美容整形にはリスクが伴います。美容整形で失敗しないための10のチェックポイント自力で自然な二重まぶたにする方法もぜひご一読ください。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

美容整形オタクによる美容整形を考えている・美容整形をしたいのためのメディア。 日本・韓国・タイで美容整形しています。 二重埋没/セラミック/糸リフト/脂肪移植/輪郭骨切り/セットバック etc... 課金総額は500万円以上。 美容整形のみならず美しくなるための情報を配信しています。